文字サイズ:

お問い合わせ

JR阪和線和泉府中駅の新駅舎の橋上化・自由通路が完成

この記事は2013年5月27日に掲載された記事です。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

JR阪和線和泉府中駅の新駅舎の橋上化・自由通路が完成

都市計画の一環として進めてられていた、JR阪和線和泉府中駅の新駅舎の橋上化・自由通路が完成し、5月24日(金)には完成式典が行われました。
完成式典には、辻宏康和泉市長のほか関係者約100人が出席して、また和泉市のゆるキャラである「コダイくん・ロマンちゃん」の1日駅長の任命式なども行われました。

自由通路・新駅舎はすでに利用が開始されていて、橋上化された新駅舎や自由通路などの設置。
また駅東側からの乗り入れに加え西側からも乗り入れが可能となったため、和泉府中駅を利用する市民の利便性の向上につながっています。 合わせて新たにエスカレーターやエレベーターも設置されバリアフリー化にも対応済となります。
その他、新幹線や特急列車の切符や定期券の購入が可能なみどりの券売機が設置されました。(みどりの窓口の営業時間が22時までに短縮)
駅西側にも自転車や原動機付自転車の駐輪場が整備されました。

新駅舎・自由通路は、池上曽根遺跡の建物をモチーフに建設され、ガラスによる開口部分を多く設け明るく開放的なつくりになっているそうです。
また、自由通路の事業費等は、約8.5億円で、長さ86メートル、幅6.5メートル。エレベーター2基、エスカレーター2基(上り)が設置されています。
新駅舎の事業費等は約21億円。エレベーター2基、エスカレーター4基(上下各2基)で、男女多目的トイレも設置されています。
残りの整備としては、歩行者デッキ及び東側駅前広場などがあるそうですが、ひとまずは数年にわたっての和泉府中駅の工事に一区切りがついたというところでしょうか。
完成式典で辻宏康和泉市長は、「地元町会・地域住民並びに関係者のご協力をいただき感謝しています。まちのシンボルとなる新駅舎と自由通路で駅周辺の回遊性を高め多くの市民に喜んでもらえるよう、引き続き、さらに大きく魅力あるまちづくりを進めていきます・・・」と話されていたそうです。

タグ: ,

和泉市のお店ホームページ

  • はちの駅
  • 老木医院
  • オートショップ ZERO
  • シフトアップ
  • Felice 天然石 手造り腕時計 銀線細工
  • 錦天一建設
  • 株式会社奥野製作所
  • 「SOL」&「SOLgrato」
  • はんたろうドットコム
  • デジタル写真塾
  • プラグデザイン | PLUG DESIGN
  • つじ自然整術院
  • パラエストラ和泉

和泉市のお店のホームページバナーを
無料で掲載できます!

menu

 close
 close