文字サイズ:

お問い合わせ

「いずみいのちの森事業」に企業が賛同

この記事は2012年6月18日に掲載された記事です。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

どんぐりから育てた苗木を植樹

「いずみいのちの森事業」に企業が賛同

株式会社デジタル(安村義彦代表取締役社長:大阪市住之江区南港東8-2-52)」様では、6月13日(水)正午から和泉市が進めている「いずみいのちの森事業」に賛同し、従業員がどんぐりから育てた苗木100本を和泉市に寄贈し、7月中にオープン予定の「つくしの公園(和泉市あゆみ野三丁目)」に植樹を行いました。

同社では、従業員を対象に、どんぐりから苗木までの生育を競う「どんぐり選手権」を行っており、今年で3年目となるそうです。
育ての親でもある従業員(約20人)が、約2年をかけて育てた苗木(高さ約40センチ~50センチのクヌギ、アラカシなど)を丁寧に植樹しました。
植樹には、辻宏康和泉市長も参加し、これまでの企業及び従業員に労をねぎらい一緒に植樹を行いました。

昨年(2011年)の「どんぐり選手権」でチャンピオンになった山下和也さんは「あんな小さなどんぐりがこんなに大きくなるとは思わなかった。自然の力を改めて実感しました。また仕事帰りに、植樹した苗木が立派に成長していく様子を頻繁に見に来ます・・・。」と話していました。

参考:
いずみいのちの森事業とは・・・和泉市として地球温暖化や地域の防災能力向上など、人がより健全に生きていくための緑環境を再生するために、公民協働で植樹活動を行い市内の公共施設などに新たな緑や森を創出することを目的とした事業。

  • 植樹祭全体の様子

    植樹祭全体の様子

  • 従業員が植樹している様子

    従業員が植樹している様子

  • 辻市長と従業員が植樹をしている様子

    辻市長と従業員が植樹をしている様子


本記事は和泉市いずみアピール課様よりご提供頂きました。 ありがとうございます。

和泉市のお店ホームページ

  • はちの駅
  • 老木医院
  • オートショップ ZERO
  • シフトアップ
  • Felice 天然石 手造り腕時計 銀線細工
  • 錦天一建設
  • 株式会社奥野製作所
  • 「SOL」&「SOLgrato」
  • はんたろうドットコム
  • デジタル写真塾
  • プラグデザイン | PLUG DESIGN
  • つじ自然整術院
  • パラエストラ和泉

和泉市のお店のホームページバナーを
無料で掲載できます!

menu

 close
 close