文字サイズ:

お問い合わせ

すべての避難所に防災備蓄倉庫を設置完了

この記事は2012年4月8日に掲載された記事です。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

すべての避難所に防災備蓄倉庫を設置完了

すべての避難所に防災備蓄倉庫を設置完了

和泉市は、昨年の東日本大震災を受け、指定避難所である市内のすべての避難所(小学校21校・中学校10校)に防災備蓄倉庫の設置を3月30日に完了させました。
和泉市では、昨年の3月11日の東日本大震災のあった時刻には本議会開会中であり、辻宏康和泉市長は市長公約であった「上下水道料金10%の減額」の議案を取り下げ、その費用で今回の防災備蓄倉庫の設置をすすめたそうです。
辻宏康和泉市長は「大震災の教訓を活かし災害に強い安全なまちづくりに取り組む、市民の安全確保を最優先に推進していく。いざというときに避難所に防災備蓄倉庫が必要」と話しておられました。


これまでは、市内公共施設3か所に防災備蓄品を備えていました。 倉庫の大きさは縦2.4メートル・横6メートル・高さ2.3メートル。備蓄品や数は、避難想定者によって決めています。主な備蓄品は、哺乳ビン、紙おむつ、簡易トイレ、カセットボンベガスを燃料に発電する発電機、カセットボンベ、投光機、レスキューセット、ブルーシートなどとなります。

  • すべての避難所に防災備蓄倉庫を設置完了
  • すべての避難所に防災備蓄倉庫を設置完了

本記事は和泉市いずみアピール課様よりご提供頂きました。 ありがとうございます。

和泉市のお店ホームページ

  • はちの駅
  • 老木医院
  • オートショップ ZERO
  • シフトアップ
  • Felice 天然石 手造り腕時計 銀線細工
  • 錦天一建設
  • 株式会社奥野製作所
  • 「SOL」&「SOLgrato」
  • はんたろうドットコム
  • デジタル写真塾
  • プラグデザイン | PLUG DESIGN
  • つじ自然整術院
  • パラエストラ和泉

和泉市のお店のホームページバナーを
無料で掲載できます!

menu

 close
 close