文字サイズ:

お問い合わせ

井阪硝子(ガラス)製作所で「辰(タツ)」のガラス細工が製作ピーク

この記事は2011年11月24日に掲載された記事です。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

井阪硝子(ガラス)製作所(Isaka Glass Works)

井阪ガラス製作所

和泉市の名産品であるガラス細工を職人が手作りで製作・販売を行なっている、和泉市上町689番地にある井阪ガラス製作所(代表・井阪浩明)では、来年の干支である「辰(タツ)」のガラス細工製作がピークを迎えています。

ガラス細工は、ガラス生地(棒)を約700~1,000度に熱し、溶かしながら動物や帆船などを製作するもので、和泉市の地場産業です。
製作はすべて手づくりで、直径8mm、長さ40cmのガラス棒(120~130種類)を7~8本を束ね、石油バーナー(ランプワーク)で溶かしながら行います。

井阪ガラス製作所では、大正10年創業以来毎年干支づくりを手掛けており、縁起物として利用する人も多くいらっしゃいます。
今年は、10月中旬から製作をはじめ、出来上がったガラスの「辰」は、勇ましさの中にも優雅さがあり、見る人の心を魅了する作品に仕上がっています。
「辰」の種類も、色とりどりの風水龍(水色・黄色・紫色・ピンク色・緑色)、天に向かって伸びゆく昇り龍、夫婦龍など多種多様です。
「辰」のガラス細工は小さい物で幅約7センチ高さ3センチ、大きい物では幅約15センチ高さ10センチの物などがありますので、色々な場所に置けそうです。

単品からセットのものまで複数発売されており、価格は1,000円~23,000円程度となるそうです。
干支づくりは熟練職人でなくては製作できず、また特に今年の「辰」の製作は角やひげ、爪、うろこなど細かなところがたくさんあるので、ガラス棒を何度も溶かしたり、冷ましたりし腕をくねらせながら製作しなければいけないので、特に難しい造形となっています。
同社では約40年のガラス細工のキャリアを持つ、細工暦の豊かな熟練工の河原田忠信(67歳)さんが一つ一つ丁寧に製作しています。

同社で細工を行う河原田忠信さんは、「縁起物で手作りの良さを活かし、一つひとつ心を込めて作っています。来年は龍のように、天に向かって景気を上向けたい…」と語っていました。
干支づくりは来年1月頃まで続きます。

井阪ガラス製作所

名称
井阪硝子(ガラス)製作所
(店舗名:Isaka Glass Works)
住所
〒594-0002 大阪府和泉市上町689番地
[googlemap lat=”34.50990737640359″ lng=”135.4480791091919″ align=”undefined” width=”560px” height=”240px” zoom=”17″ type=”G_NORMAL_MAP”]大阪府和泉市上町689[/googlemap]
連絡先
ホームページ:http://www.isakaglassworks.com/
問い合わせ用電話番号:0725-41-0145

本記事は和泉市いずみアピール課様よりご提供頂きました。 ありがとうございます。

和泉市のお店ホームページ

  • はちの駅
  • 老木医院
  • オートショップ ZERO
  • シフトアップ
  • Felice 天然石 手造り腕時計 銀線細工
  • 錦天一建設
  • 株式会社奥野製作所
  • 「SOL」&「SOLgrato」
  • はんたろうドットコム
  • デジタル写真塾
  • プラグデザイン | PLUG DESIGN
  • つじ自然整術院
  • パラエストラ和泉

和泉市のお店のホームページバナーを
無料で掲載できます!

menu

 close
 close