文字サイズ:

お問い合わせ

木のぬくもりを感じてね「和泉市産木材のよさを園児が学習」

この記事は2012年11月29日に掲載された記事です。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

11月28日(水)午前10時から横山きのみ保育園(和泉市仏並町358-11)の園児102人に和泉市産木材のよさを知ってもらおうと「和泉市の森や木の話」、「腹話術人形によるクイズ」などを行う「木づかい祭り」が行われたそうです。
木づかい祭りでは、木に関する話や和泉市産木材を使った積木などで園児たちに木の大切さを伝えてたそうです。

このイベントは、和泉市と大阪府が連携し和泉市産木材の利用を推進する「いずもくプロジェクト」の一環で、子どもの頃から木に触れることの楽しさを体験してもらう「木育イベント」だそうです。
いずもくプロジェクト」の周知のため市民公募によりロゴマークやキャラクターを作成。
ロゴマークの左側は「和泉市」の「和」の文字をシンボルマーク化したもので、強く丈夫な木材で作られたイメージ、ロゴマークの右側は年輪のように構成されたイメージで、「和泉市」「木材」が見た目に分かりやすく考えられているそうです

キャラクターは、木こりの格好をした大木で名前は「木鬼(きき)」。
名前に「鬼」という漢字があるのは、和泉市の町名「父鬼」や「九鬼」の文字を取ったもので、災厄の代表としての鬼を追い払う棒「鬼木」、ことわざで「国を守るために命を投げ出した勇敢な人のこと。また、府内初の林業活動促進地区と認定された実績のある和泉の木材優れた才能や能力「鬼才」の意味も含めたものとの事です。

和泉市は、平成24年4月に大阪府から初めての「林業活動促進地区」の認証を受けていて、和泉市で生産された木材のみが、大阪府初の「おおさか材」となるそうです。

横山きのみ保育園:
横山きのみ保育園(和泉市仏並町358-11)は今年4月にオープンした保育園で、園舎は木造2階、延床面積823.23平方メートル、総木材使用量188立方メートルで、和泉市内産木材を利用し、外観、内装とも木のぬくもりが感じられる保育園。

いずもくプロジェクト:
今回のイベントに対する大阪府の公式ページはこちら

本記事は和泉市いずみアピール課様よりご提供頂きました。 ありがとうございます。

タグ:

和泉市のお店ホームページ

  • はちの駅
  • 老木医院
  • オートショップ ZERO
  • シフトアップ
  • Felice 天然石 手造り腕時計 銀線細工
  • 錦天一建設
  • 株式会社奥野製作所
  • 「SOL」&「SOLgrato」
  • はんたろうドットコム
  • デジタル写真塾
  • プラグデザイン | PLUG DESIGN
  • つじ自然整術院
  • パラエストラ和泉

和泉市のお店のホームページバナーを
無料で掲載できます!

menu

 close
 close